MENU

Theory Of Constraints

Provides a set of holistic processes and rules, all based on a systems approach, that exploits the inherent simplicity within complex systems through focusing on the few “leverage points” as a way to synchronize the parts to achieve ongoing improvement in the performance of the system as a whole.
TOC(制約理論)とは、イスラエル人の物理学者エリヤフ・ゴールドラット博士によって70年代後半に開発され、現在もなお進化を続けるマネジメント方法論です。システムの目標達成レベルを決めている、ごく少数の「Constraints(制約)」にマネジメントの注意を集中させることで、どんなに複雑な組織でもその「本質的な単純性」を徹底活用できるようにし、システム全体の継続的改善を実現します。

詳しくはこちら

セミナー・最新情報

最新のセミナー・講座情報は、準備でき次第ご案内させていただきます。

TOCサービス一覧

ジュントスコンサルティングが提供するTOCサービス一覧

PAGE TOP